我々の終焉とともに彼らは始まる

覚悟はいいか。応戦せよ。

広大なオープンワールドを舞台に展開する大迫力の攻防を戦い抜け。1980年代のスウェーデンをモチーフにした本作の世界では、とある穏やかな片田舎が機械の軍団の侵略を受けていた。プレイヤーはこれらに立ち向かいつつ、事態の裏に潜む謎を解き明かしていく。創造力が試される緊張感に満ちた戦場では、有効性の高いゲリラ戦法を駆使することで、敵を誘い込み、無力化し、撃破することが可能。

1~4人で参加可能なシームレスなマルチプレイ。

ソロプレイはもちろん、最大3人のフレンドとチームを組んで楽しめるシームレスな協力マルチプレイを搭載。それぞれの固有スキルを組み合わせ、連携して敵を始末し、倒れたフレンドを蘇生し、戦利品を分け合おう。

ステルスと戦略を駆使し、協力して生存せよ。

すべての敵が世界内で持続的にシミュレートされ、意図や目的をもってマップを移動する。なお、敵の装甲や武器、センサーなど、特定の構成要素を破壊できたなら、ダメージは永久に継続し、数分、数時間または数週間経とうと、次に遭遇した時に同じ損傷を確認できる。

苛烈なオープンワールドを生き残れ。

輝かしい受賞歴を誇るApexエンジンが描き出す、広大なオープンワールドを生き残れ。忠実に再現された昼夜や、予測不可能な天候変化、複雑なAIの挙動、シミュレートされた弾道、非常にリアルな音響、そしてダイナミックな1980年代サウンドとともに描かれる世界を体験せよ。

マシーン

『ジェネレーションゼロ』に登場する敵には、様々なサイズ、タイプ、バリエーションのものが存在し、多種多様な武器やセンサーを使用してプレイヤーの前に何度も立ちはだかる。

Tick

「Tick」は、小型ながら驚くべき程の敏捷性をもって近付くものに飛び掛かる。集団でいることが多いこの小さな機械を見くびる者は、これらに搭載された非常に鋭利なかぎ爪や自爆モードにより重傷を負うだろう。

Seeker

一見すると無害そうな「Seeker」は、偵察機として動き、プレイヤーの居場所を周辺の機体に教えて、増援を要請する。数の暴力に圧倒されることを避けたいのならば、センサーの有効範囲に入らないようにするか、早急に始末してしまうこと。

Runner

高速で歩行移動する「Runner」は集団で行動することが多く、仲間と連携し自動兵器でプレイヤーを追い詰める。接近されないように気を付けなければ、猛烈な突進攻撃に足を取られ、ほかの機体による追撃を許してしまうだろう。

Tank

最も重装甲にして高火力の「Tank」の巨大さは、家屋や人間たちを悠然と見下ろし、歩行するたび大地に揺れが走るほど。戦略なしに戦闘を挑むのは無謀といえるので、前もって作戦をたててから攻撃開始し、ロケットの発射準備を始めたらいつでも逃げられるようにしておくこと。

ニュース

最新ニュース

トレーラー

アナウンストレーラー
ゲームプレイトレーラー

スクリーンショット

ニュースレター購読

登録して、『ジェネレーションゼロ』の最新情報を受け取りましょう。

ご希望のプラットフォーム

ニュースレター購読

登録して、『ジェネレーションゼロ』の最新情報を受け取りましょう。